谷内一輝

現場代理人を任され

技術員としてひとまわり大きく成長

鉄道工事部工事グループ

谷内一輝

平成23年度入社/電子情報技術科出身
駅や車両基地の電気・設備工事の施工管理を担当

仕事内容は―

私が所属する鉄道工事部は2016年度に設置されたばかりの部署で、駅や車両基地の電気・設備工事の施工管理とメンテナンスを担当しています。私自身はこれから北陸新幹線の白山総合車両所の保守全般を担当していく予定です。北陸新幹線は敦賀までの延伸工事が始まっていますから、それに伴って私たちの出番も増えていくのではないでしょうか。

入社して成長した部分は―

電気部に所属していた昨年、初めて現場代理人として施工管理を担当しました。内容は金沢市企業局のガスショールームの電気設備工事です。現場の責任者になるのは、他社では40歳以上の人のことが多いのですが、当社は若手が責任ある仕事につけるよう育ててもらっています。プレッシャーはありましたが、無事完成させることができ、これを機に技術員としてひとまわり大きくなった気がします。
あとは就職して一人暮らしになり外食が多いので、おなか周りもひとまわり大きくなりました(笑)。

仕事内容 谷内一輝

仕事をする上で大切にしていること、
今後がんばりたいことは―

お客様や職人さんに「この人と仕事をして良かった」と思ってもらえるよう心がけています。「また谷内さんに頼みたい」と名指しで言ってもらえたら、すごく嬉しいですね。
もちろん、まだまだ技術も知識も足りないので、現場経験を積んでいきたいです。もうすぐ資格取得に必要な実務経験の年数がクリアできるので、電気工事施工管理一級の資格取得も目指します。

やりがいを感じるところ、難しさを感じるところは―

工事がスタートしてから急な変更を依頼されるケースも少なくなく、技術的にどう対応するか、品質を落とさず工期をどう守るかという点では苦労します。でもそうした苦労が大きいほど、やり遂げて建物が完成したときの達成感は大きいです。

ある日のスケジュール
8:00 朝礼
8:15 職人への指示など
9:00 書類作成、図面作成、現場巡回
12:00 昼休み
13:00 昼礼、業者との打ち合わせ、
現場巡回、定例会議(週1回)
17:00 書類作成、図面チェック
ココがわが社のいいところ! 谷内一輝

ココがわが社のいいところ!

人と人のつながりが強く、風通しのいいところです。
上司に気軽に話しかけられる環境がありますし、同年代とは部署を超えて励まし合えます。