前田 和

初めての現場代理人、多くの人との

関わりの中で自分の力を発揮したい

工務部電気課

前田 和

2017年度入社/電気工学科出身
ビルや工場などの電気設備の施工管理を担当

入社を決めた理由―

電気系を軸に会社を調べ、毎日違った業務ができる仕事に就きたいと思っていました。また、人と関われる仕事に魅力を感じ、当社の施工管理業務は、会社の人はもちろん、お客様、職人さん、他業種の方と一体となって工事を進めていくので、そこが決め手になりました。入社2年目の後半、工場の新築工事で初めて現場代理人を任せてもらうことに。先輩のフォローを受けながら、自分の力を発揮して工事を遂行していきたいです。

仕事内容は―

建物に電気を供給するための工事の管理が私の仕事です。コンセントや照明の配置を決め、そこまでの配線ルート、接続方法などを設計し、職人さんに工事を依頼。そして、工事が終わるまで作業や必要なモノ、職人さんなどを管理するのが私たちの役割です。それらの業務を一通り経験して、私は3つ目の現場で初めて現場代理人を担当。これまで現場で女性の現場代理人は見たことがありませんが、不安というよりは、むしろ「頑張ろう!」とやる気に。女性だからこそ、職人さんや他業種の方もやさしく声をかけてくれるので、それを活かして、いろいろと吸収していきたいです。

社員紹介 前田 和

やりがいを感じるところ、難しさを感じるところは―

私たちの仕事は、最終的にはコンセントや照明などがついて、利用できればいいのですが、それまでに至る配線ルートや施工方法は、何種類もあります。まだ経験が浅く、どの方法がベストなのか判断するのが難しいけれども、自分が考えた方法で職人さんが施工し、仕上がっていく様子を見るとやりがいを感じます。また、現場には建築工事をはじめ、他業種が集まり、それぞれ工程も異なるので、それらの代理人さんと打ち合わせをしながら、工程を調整するのも楽しい時間です。

今後の目標は―

まずは、初めて現場代理人を務める今の現場を終わらせることです。難しいところは先輩にフォローしてもらいながら、一工程ひと工程、確実にこなしていきたいです。その次は資格取得です。当社は受験費用を会社が負担してくれ、合格した際には奨励金もいただけるのでモチベーションに。私は2級電気施工管理技士、2級電気工事士に挑戦しています。

ある日のスケジュール
8:00 朝礼
8:15 職人への指示、打ち合わせ、書類作成、図面作成、現場巡回
12:00 昼休み
13:00 昼礼
13:30 打ち合わせ、書類作成、現場巡回、定例会議(週1回)
17:00 書類まとめ、翌日の打ち合わせ
ココがわが社のいいところ!

ココがわが社のいいところ!

電気課は20代が中心層。年齢の近い先輩が多いので相談しやすいです。また、上司も他部署の人も声をかけてくれて、毎日会社へ行くのが楽しいです。