宮川峻

建物に命を吹きこむ、私たちの

仕事によって建物は初めて機能する

工務部設備課

宮川 峻

2016年度入社/電気情報技術科出身
給排水・空調を中心とした設備の施工管理を担当

入社を決めた理由、入社後の印象は―

手に職をつけたいと思い、石川職業能力開発短期大学校に進学し、生活に欠かせない電気を専攻。就職では学んだ知識や技術を活かしたいと思い、当社に興味を持ちました。また、学生時代に野球をやっていて、体を動かす仕事をしたかったというのも、当社を選んだ理由の一つです。建設業界は、怖い人が多いと勝手にイメージしていましたが、違いましたね。みなさんやさしくて、分からないことが出てくれば気軽に聞けて、いつも助けてもらっています。

仕事内容は―

ビルや工場の空調、給排水の設備工事の管理を行っています。エアコンや水道施設をつけるために、壁の内側や床下などに配管を通していくのですが、図面通りに工事を進めていっても、現場では納まらないこともあります。そのようなときは、図面を修正し、工程を調整して工事を遂行していくのが施工管理の役割です。工事が終わって検査をクリアすると、ホッとしますね。設備工事は建築工事より目立たないかもしれませんが、生活インフラや快適性を整備する大切な役割を担っています。そして、自分の手掛けたものが形に残るところも魅力です。

仕事内容 宮川峻

仕事をする上で大切にしていることは―

現場で働く人たちとの信頼関係です。施工管理は人を管理する仕事なので、いくら知識や技術力があっても、人がついてきてくれないと工事は進みません。また、現場毎に一緒に働く人たちが変わり、一から人間関係を築いていかなければならないので、自分から積極的に声をかけて、早く親しくなれるように心掛けています。最初は、職人さんに話しかけるのが苦手だったのですが、最近ではスッと言葉がでてくるようになり、自分の成長を感じます。ときには、「図々しい」と思われるぐらい、積極的に声を掛けていますね(笑)。

印象に残っている現場は―

1年目に携わっていた小松市民センターの改修工事です。建物に空調や給排水の設備が設置される工程を初めて目の当たりにした現場でした。完成したときには「終わった!」と大きな達成感を感じ、この仕事の醍醐味を初めて味わいました。また、先輩や職人さんにも恵まれ、楽しく仕事ができましたね。建築物は、空調や給排水などの設備が稼働して、初めて建物として機能します。言ってみれば、私たちの仕事は、完成した建物に命を吹き込む役割を担っているといえるでしょう。

ある日のスケジュール
8:00 朝礼
8:15 職人への指示、書類作成、現場巡回
12:00 昼休み
13:00 業者との打ち合わせ、書類作成、現場巡回
17:00 書類作成、図面チェック
ココがわが社のいいところ! 宮川峻

ココがわが社のいいところ!

社員同士の距離が近いところです。電気配線でわからないことが出てくれば、電気課の人に聞くこともあり、部署を隔てて仲がいいですよ。