高松和也

ひとつとして同じ現場はないからこそ

あらゆる経験が自分の力になる

設備部設備グループ

船本昌志

平成22年度入社/工学部情報通信工学科出身
給排水・空調を中心とした設備の施工管理を担当

仕事内容は―

ビルや工場の給排水・空調などの設備工事の管理を担当しています。と言うとエアコンやタンクなど目に見えるものが思い浮かぶと思いますが、それは設備のごく一部。ビルの壁の内側や天井裏、床下には配管がくまなく走っていて、建物全体の給排水や空調の機能を支えているんです。
施工管理の実際の業務は、建物の設計図をもとに配管の施工図を作成したり、工程調整をしたりといったことがメインになります。建築や電気などの他業者さんとの打ち合わせも欠かせません。

仕事をする上で大切にしていることは―

現場で働く人たちと積極的にコミュニケーションをとることです。私はもともと人見知りで内気な性格なのですが、その辺は社会人になって少しは成長できたかなと思っています。先輩方は、他業者や職人さんとの打ち合わせで自分の意見をしっかり主張し相手に納得してもらっているので、見習いたいと思います。

仕事内容 船本昌志

やりがいを感じるところ、難しさを感じるところは―

工事が終わり、完成した建物を見るとやはり達成感を感じます。たまに近くに寄ることがあると、つい気になって見に行ってしまいますね。
難しいところは、ひとつとして同じ現場はないということです。まだ経験が浅い私は、日々勉強です。最近、管工事施工管理の一級に合格したので、次は電気工事施工管理の一級を目指しています。

印象に残っている現場は―

北陸新幹線の車両基地となる白山総合車両所の新築工事です。私が経験した中では最も規模が大きく、工期も2年以上かかりました。全国的に話題になった北陸新幹線の開業に少しでも携わることができたことは私の自慢です。
車両基地もそうですし、この仕事は消防署や警察署など、普段の生活では立ち入れないような場所に入ることができる面白さもあります。

ある日のスケジュール
8:00 朝礼
8:15 職人への指示など
10:00 書類作成、図面作成、現場巡回
12:00 昼休み
13:00 昼礼、業者との打ち合わせ、
現場巡回、定例会議(週1回)
17:00 書類作成、図面チェック
ココがわが社のいいところ! 船本昌志

ココがわが社のいいところ!

社内イベントが充実しているところです。数年前は社員旅行で一週間のハワイ旅行に行き、同僚と一緒にいろんな観光スポットをめぐって盛り上がりました。