北谷未来

細かなところへの気配りに

働きやすさを実感

工務部電気課

北谷未来

2021年度入社/電気電子工学科出身
ビルや工場などの電気設備工事の施工管理を担当

入社を決めた理由は―

電気の仕事をする父親の姿に憧れ、大学も電気系を専攻し、同じ道を志しました。入社の決め手は、当社のインターンシップに参加したことです。現場で女性の先輩が職人さんたちと楽しそうに働く姿を見て、心が動きました。また、実際に仕事内容を目にして、図面や書類作成など机上での細かな仕事が多いことを知り、私はそのような作業が好きなので、より一層ここで働きたいと思いました。

仕事内容は―

先輩に同行して、施工管理の仕事を一つひとつ覚えています。入社してすぐの現場は、食品工場の新築工事でした。更地に建物が建ち、さまざまな設備が整えられ、引き渡しに至るまでの全工程を見ることができました。送電後、照明に電気がついた瞬間は、感極まりましたね。2つ目の現場は、スポーツ施設の改修工事です。改修工事では、工事エリア以外に施設の利用者さんがいらっしゃいます。ブレーカー工事一つとっても、その方たちへの配慮が不可欠で、新築工事とは異なる留意点を学んでいます。

仕事内容 北谷未来

入社して成長した部分―

電気工事に関しては、知識ゼロからスタートしましたが、電力の測定機器の使い方、配線記号など徐々に知識が増えてきました。2つの現場では、先輩にアドバイスをもらいながら、初めてCADを使ってLAN配線図を作成することができました。

入社前と入社後のギャップ―

入社前から若い人が多いと聞いていて、その通りの職場でした。想像以上に整備されていると思ったのは、女性の施工管理職への気配りです。私は身長が低いのですが、体にあった女性用の作業服が準備されていました。ヘルメットも女性用で軽く、日焼け対策として、透明なあごひもに取り替えられるようになっているんですよ。

ある日のスケジュール
8:00 朝礼
8:15 書類作成、図面作成、現場巡回
12:00 昼休み
13:00 書類作成、現場巡回
17:00 書類まとめ、翌日の準備
ココがわが社のいいところ! 北谷未来

ココがわが社のいいところ!

電気課は20代の先輩が多く、みんな仲がいいです。話しやすい先輩が多く、相談にのってもらったり、教えてもらったり、働きやすい環境です。